川越氷川神社

縁むすび風鈴で有名な神社。
その歴史は古く、今から約千五百年前、古墳時代の欽明天皇二年に創建されたと伝えれています。

川越氷川神社には五柱の神々がおまつりされており、その神々がご家族であることから、縁結びの神様として信仰されているようです。

縁むすび風鈴


7月初旬から9月初旬までの期間限定で開催されている、縁むすびの祭事です。
各年の開催期間は神社のホームページでご確認ください。
本殿の右側にある「風鈴回廊」は、圧巻。
特に夜は、ライトに照らされた風鈴がとても綺麗です。

恋あかりのぼんぼりが素敵


画像出典:川越氷川神社

期間限定で開催されている、恋あかり特別良縁祈願祭。
縁むすび風鈴の期間よりも更に少し短くなっていますので、ご注意を。

夕方から始まる祈願祭終了後、「恋あかり」ぼんぼりが授与されます。
ぼんぼりの中には、LEDが入っていて自分で光の色を変えられます。

縁むすびのお守りや絵馬

川越氷川神社のお守りはどれもデザインがかわいくて、全種類欲しくなります。
一部ですが、紹介。

縁結び玉

神社の巫女さんが境内の小石をひとつひとつ集めて奉製しています。
生涯を共にする相手と巡りあえたとき、ふたりで神社へ戻します。

画像出典:川越氷川神社

さくらさく守り

さくらのように、大切なご縁が花開くよう祈願したお守り。
色と柄が一つひとつ異なります。

画像出典:川越氷川神社

縁結びの絵馬

イラストレーターの大塚いちおさんのイラストが入った絵馬!
とてもかわいい♥

画像出典:川越氷川神社

あい鯛みくじ

社殿の前にあるおみくじ。
おみくじをひくのではなく、小さな釣り竿で釣るスタイルのとってもユニークなおみくじです。
ピンク色の鯛は良縁に関することが書かれた「恋みくじ」が入っています。
赤い鯛は、全般的な内容が書かれたおみくじとなっています。
釣った鯛は、縁起物として持ち帰り大切にするそうです。
 

川越氷川神社
所在地:埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話:049-224-0589
公式HP
広告







フォローする

広告